効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20211220233608p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

カウントダウンタイマー  

 

効率厨の考えた最強の株式投資2022年9月15日 最強の投資④

どうも~

つつです。

 

長かった・・・

ようやく、「効率厨の考えた最強の投資方法」について説明が終わりそうです。

 

 

 

www.tutukun.com

www.tutukun.com

www.tutukun.com

 

 

もしかしたら・・・

 

 

この効率中受ブログの中で

「一番価値がある」

記事かもしれません。

 

 

必勝の中受が無いように・・・

必勝の投資もありません。

 

 

もしあなたが

中学受験の闇に囚われてしまい

抜け出せなくなってしまっているなら。

 

 

この記事を最後まで読むことをオススメします。

 

 

 

中学受験で志望校に合格したいがために

 

 

必死になって情報を集めて

ワケの分からない誰が書いているのかも分からないようなブログを読み込み

 

 

なけなしのヘソクリで塾に入れて

 

 

それでも思い通りの偏差値をとる事はできず。

 

 

高い金を払って東大卒の家庭教師を付けて

 

 

少しのヒマも与えないように個別指導塾にも入れて

 

 

暖かかったはずの家庭も

怒鳴り声が響き渡るダケの家庭になり

 

 

子供の泣き声と

 

妻の金切り声と

 

夫の不必要な威圧感だけが

 

日常になる。

 

 

 

苦しんで苦しんで

 

やっとの思いで、志望校に合格したとしても・・・

 

 

 

 

そこは思い描いていたような理想郷では無く。

 

 

その後も

 

 

結局の所

能力の差には勝ち目が無く

 

 

ただ一握りの出来る子の糧になるダケの結果に終わる。

 

 

何一つ救いは無く

 

ただ

子供の貴重な時間と

 

大切な老後の資金と

 

円満だったはずの家庭を捨てたダケの結果に終わる。

 

 

 

それが、包み隠さずに言うところの

 

 

 

「一般的な中学受験」

 

 

なのかもしれません。

 

 

 

 

もしあなたが

少しでも

「そうかもね。」

と思うなら。

 

 

 

中学受験なんか止めて

最強の株式投資を実践した方が良いかもしれません。

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

かもね。

 

 

 

 

最強の投資法

 

 

前の記事で出した

S&P500とM2の比率のグラフに 

一番上と下に水平線を入れます。

 

基本的にこの間の中で株価が推移しているあいだは大丈夫です。

 

その水平線のあいだを8~10等分します。

毎回跳ね返っている所に線をずらしても良いかと思います。

 

 

図のように上から下へ順番に割合をいれます。

上の図では20~100%にしてあります。

アグレッシブに行きたければ、下の方はレバレッジをかける手もあります。

 

 

その割合になるようにS&P500を保持します。

1000万円の投資資金があったとしたら

今の株価で説明すると

50%の範囲にあるので500万円分S&P500を保持する。

 

 

株価が動いたら割合を変える。

株価が上がって、40%の範囲に入ったら10%分S&P500を売る。

逆に

株価が下がって、60%の範囲に入ったら10%分S&P500を買う。

 

まさしく、「株価が高いときに売って、安い時に買う」

それだけです。

 

 

 

感情を殺して機械的にトレードする。

もうすこし下がる(上がる)かも・・・と思っても、

基本的には範囲に入ったらトレードする。

 

コロナショックレベルの毎日5%近く落ちる時は待っても良いかもしれませんが・・・

 

 

 

この投資法は・・・

この投資法は、株の上がりを取るのではなく

上がったり下がったりするボラティリティを取りにいく手法です。

 

同じ水準でも上がったり下がったりするだけで利益が出ます。

 

 

株価が割高の状態で安定していると、S&P500全力投資に劣後しますが

割高の状態から下落していくと、S&P500全力投資より低リスクです。

 

 

 

シミュレート結果

2020年1月~2022年9月

ルールに従い、

MAXIS米国株式(S&P500)上場投信でトレードした結果です。

 

S&P500全力投資よりもコロナショック時の下落幅が少なく

株価が高位で安定してボラティリティが少なかった時期(2021年後半)はS&P500から劣後しています。

 

結果としては、S&P500全力投資と同じぐらいのパフォーマンスになっています。

やっぱS&P500全力投資は強いな・・・

割合を修正すれば、S&P500を超える事も可能です。

 

 

投資法のメリット

 

それはやはり暴落に強い事だと思います。

株価が上がっても下がっても嬉しいので、夜もぐっすり眠れます。

(逆に上がったり下がったりしないと利益が出ない)

 

 

指標のチェックも簡単なので、すぐ終わります。

 

ブログを書く!等の有意義な事に時間が使えます。(笑

 

現金比率が高いときは、債権を買ったり、空売りを狙ってみるのも良いかもしれません。(ロングショート戦略)

 

コロナショック後の異次元金融緩和時では、S&P500全力投資に勝てませんが

金融引き締め時なら、この投資法の方が利益が出ると思います。

※自己責任で!

 

 

 

 

 

投資するなら、株式か?中学受験か?

残念ながら、

ほとんどの子供はS&P500よりも成長できません。

※つつ理論です。

 

ぴーたろうやきゅーたろうでも、S&P500に勝てないと思います。

勝てる可能性があるのは、上位1~2%だと思います。

 

 

中学受験で必要だったお金を、ぴーたろうが生まれた15年前S&P500を投資していたら・・・

 

今頃はもう、3000万円ぐらいになっています。

 

大学を卒業するまでにかかる費用を、22年間S&P500に投資していたら・・・

もう2~3億円にとどきます。

 

 

東大なんか目指す必要も

医者になるための努力も

 

中学受験のために大事なものを失う必要もありません。

 

ほんの少しの金融リテラシーさえあれば十分です。

 

 

もしあなたが、

中学受験の闇に囚われているのであれば・・・

 

違う道を考えてみても良いのかもしれませんね。

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain