効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【子供にゲームをさせる?させない?どちらがいいのか】

こんにちは~

つつです。

 

今日のブログは

「子供にゲームをさせる?させない?」

コレについて、私の考えを書きます。

 

f:id:tutukun:20190307223758p:plain

まず、前提として我が家の子供たち2人(新6年生と新3年生)はゲームが好きです。

そして私も「あーるで子」もゲームが好きです。

過去の記事を読んでる人は分かると思いますが、子供たちの成績は良い方だと思います。

 

結論を先に言ってしまうと、我が家では「ゲームをさせる」です。

ただ、どれだけでもやって良い訳ではなく基本的には一日20分です。

テストの結果が良かった(東海中学のR4以上)場合は報酬としてゲームをする権利が得られます。

塾や学校の宿題等の課題が終われば、追加の20分も有りです。

昔はワンセット40分でしたが、今は20分に短縮して良い感じですね。

 

人間という物は、基本的には遠くの目標に向かって努力することは苦手です。

子供なら特に数年後の私立中学の合格、さらにその先の大学、就職なんて事は考えられません。

 目先の小さい努力で得られる小さい報酬が必要です。

親の目を盗んで子供部屋でコソコソする2時間のゲームよりも、親の前で堂々とゲームをする20分の方が子供にとっても楽しいものです。

 

f:id:tutukun:20190307224121p:plain

 この努力すれば報酬が受け取れる経験は、モチベーションアップとしても重要なんだと思います。

これは子供だけではなく、大人でも同じ事が言えます

「やらなければいけない事があるけどやる気が起きない様な時は、やったら報酬が手に入る様に決めると良いです。」

その報酬は簡単な事で良いです、

 例えばここまでやったら「ケーキを食べる」とか「20分YouTubeをみる」とか「ソシャゲに課金を500円する」とかです。

 やることもやらずに食べるケーキより、だらだら2時間見ちゃったYouTubeより、気づいたら20000円課金してたソシャゲよりも楽しめると思います。

 

f:id:tutukun:20190307224311j:plain

モンハンワールドをする、きゅーたろう

 

そして、一番重要な事は

「やる気が出ないから勉強出来ないのではなくて、勉強をしないからやる気が出ない」のです。

まずは、やる、行動する、To DOです。そうすれば勝手にやる気は出てきます

 

分かっちゃいるけどやれないよね(笑 

まぁ、理想論て事で知識として知っていれば、もしもの時は活用できますよ

我が家では、ちょっとした報酬としてゲームをさせることを推奨しています。

 

良かったら、ツイッターフォローしてね~!

 

f:id:tutukun:20190305215109j:plain注意この画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain