効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【男子限定! 私立中学はどこを目指すべきか?私立中学校比較 海陽学園(海陽中学)編 大学進学実績等から分析します。】

今日は、愛知県!男子限定! 私立中学はどこを目指すべきか?各中学校の比較 海陽学園(海陽中学)偏!】の記事を書こうと思います。

私は、学校の関係者ではないし、塾の関係者でもありません。まったくの利害関係の外から情報を仕入れて考察を書いていきます。この記事を読んでくれる人に有益な情報を提供できたらと考えています。

 

まず、注意すべき点は【愛知県限定】【男子限定】です。東京の方や関西の方はあまり参考にならないかもません。また女子も別です。その点を踏まえてよろしくお願いします。

ですが、今日の「海陽学園 海陽中等教育学校」は全寮制なので他府県の方も是非見てね!

 

・愛知県の私立中学事情

まずは前提条件として愛知県にはどんな学校があるのか知っておいてもらう必要があります。

上から順番にあげていきます。※偏差値=日能研偏差値

1、海陽(特給)R4偏差値=68 寮費、学費の年200万が無料になる特別枠

2、東海中学  R4偏差値=59 最難関中学 医学部進学者数全国1位 

3、滝中学   R4偏差値=59 東海と並ぶ難易度 男女共学

4、南山男子  R4偏差値=50 東海と受験日が同じ

5、海陽    R4偏差値=48 トヨタ等の企業がお金を出して作った全寮制

6、名古屋   R4偏差値=48 

7、愛知    R4偏差値=44

詳細は、日能研等の偏差値一覧をご覧下さい。

www.nichinoken.co.jp

注意=偏差値50でも普通の小学校の中でなら、クラスで1番勉強が出来る子です。中学受験をする為に普段から積み重ねてきた子供たちの中で偏差値50=平均です。

そこら辺の詳細は以前書いたのでそちらをご覧ください。

www.tutukun.com

 

 

 

まず、愛知県の特徴として言える事は、私立中学が少ないです。

日能研等の発表している偏差値一覧の表を見てもらえば分かりますが、明らかに隙間が多い表になっています。

また、比較をするにあたりここではザックリと東京大学と医学部への進学率のみで話をします。

 1校ずつ、調べながら記事にしていこうと思います。

 

海陽学園 海陽中等教育学校

愛知県で一番偏差値の高いのは、海陽学園の特別給費生です。1年で20名程度の募集です。

メリットは寮費と学費が無料になる事です。1年で277万費用が無料なのは大きいですね。

6年間で1662万円かかるコストが0になりますスゴイ!どこまで無料になるかの詳細は学校に問い合わせてください。

www.kaiyo.ac.jp

ただ、費用が無料なだけで特別クラスが編成されて他の生徒より高度な教育が受ける事が出来ると言う訳では無い様です。

もともと海陽は通常の生徒でも高度な教育を受ける事が出来るので当然と言えば当然ですが。通常の入学生でも偏差値48程度はあります。

情報が古かったので調べなおしました。

特別給付生や成績上位の子で分けるクラス分けがある様です。

特別給付生のクラスというよりも、成績が上位の子のクラスみたいです。

2011年から開始しているので、最初の特別給付生の進路実績も公開されています。

 

また、全寮制なので地元が愛知でなくても同じメリットを享受できます。

 もしも海陽(特給)に合格して、男子のみの全寮制に抵抗が無ければ行くのもありかもしれません。

 1学年の人数は110名程度ですね。卒業者の人数から見るにそのぐらいですね。

海陽の合格実績は

2017年卒業(6期生現役) 112名中

東京大学 5名   医学部 10名

2018年卒業(7期生現役)105名中

東京大学 12名  医学部 15名

2019年度(8期生現役) 105名中

東京大学 8名   医学部 14名

詳細はこちら→進路実績 | 学校法人海陽学園 海陽中等教育学校

1割近くが東京大学か医学部に合格しています。

2015年、2016年の卒業生は、あまり良くなかったイメージがありましたが、ここ3年ほどはかなり改善されている様です。

特別給費生が結果を押し上げているのかもしれません。

 

2011年から特別給費が始まっているので、中高の6年後を足して2017年の卒業生から特別給費生が卒業していっています。

 丁度、海陽学園の進学実績が上がっているタイミングと合致しますね。

特別給費生20名がそのまま上位をキープして上から順に東京大学に入ったと仮定すると、3年間で60人中25人が東京大学へ行ったと言う事になります。

特別給費生が始まる前の進学実績は東京大学が0か1名程度だったので、その後の進学実績と比較すると、その仮定はあながち間違ってはいません、割合で言うと41.6%です

 東京大学に41.6%行ける学校は他にはありません。

特別給付生が卒業し始めて3年しか経っていませんが、その3年ともが良い結果を出してきています。

 

 東海高校でも東京大学にいけるのは10%程度です。

 灘高校でも東京大学に行けるのは32%程度です。

しかも中学も高校も全て無料です・・・

 

5. 特別給費生入試/特別給費生入試特別枠
■ 特別給費生入試/特別給費生入試特別枠について
特に学力、人物ともに優れた生徒に対し、入学手続時納付金以外の、在学中の学納金等を免除することにより、学業の奨励を
はかる制度です。特別給費生に認定されると次の費用が免除されます。
① 入学手続き時納付金のうち入学金
② 在学中の学納金(授業料、施設維持・充実費、寮費)
③ 在学中の食費
入寮費、副教材費、後期課程での教科書代、講習費等は免除されません。
6 年間の本校在籍が条件となります。学業成績または性行が著しく不良になり、特別給費生にふさわしくないと判断せざるを
えない場合は、上記の費用免除の一部もしくはすべてを休停止することがあります。 

なんと!寮費どころか食費まで無料だ(笑

公立中学、公立高校よりも安いぞコレ・・・

さすが天下のトヨタですね。

 

 

寮に入る事に問題が無ければ、海陽学園はかなり良い!と分かってきました。

必要とされる偏差値が68と高くはありますが、東海中学よりも良いのかもしれません。特別給費で受かればですけど(笑

 

ただし、特別給費生でない一般生ならどこまでメリットがある学校なのかは疑問です。

中学校入学時の偏差値20差をひっくり返す程の努力が必要です。

 さらには全国一高いと言われる学費、寮費を捻出できる財力も必要です。

事実、特別給費生が無かった頃の海陽学園の進学実績は惨憺たる物でした。

第1期生の1割が卒業できずに退学していったとの話もあります。

 

あえてのメリットをあげるとすれば、高い学費が払える財力を持った家の人とのつながりを持つ事が出来る点と、偏差値68という西大和や開成クラスの学友とも切磋琢磨し自らを高める事が出来る点でしょうか。

後は、通学中に交通事故に遭わない点かな~(byあ~るで子)

 

 

・・・・・・

 

データを見て分かってきました。やはり情報を集める事は大事です(笑

 正直、東海中学しか考えてなかったけど、調べてみると色々なことが見えてきます。

ここを見られた方の参考になればと思います。自分も参考になりました。

 

・我が家での考察

海陽特給であれば、選択肢の上位として入ってくるのは間違いないでしょう。

まず、気になる点としては全寮制である点をどう取るか?ですね。 

例えば、親が子供の教育に協力的では無い。とか、兄弟ゲンカが多く家庭内が荒れているとか。そういった家庭環境がマイナスになり得る場合は良いかもしれませんが、我が家ではそれには当てはまりません、むしろ逆です。

親、兄弟と生活するか他人と生活するかどちらが良いかを考えた結果、親、兄弟との生活が重要と考えます。

 次に、学費が無料になる点ですが、奨学金と言う名の借金をするぐらいなら特給も有りですが、我が家では通常の私立中学程度の学費であれば払う目処はついているので無料にすがる必要は感じません。

 最後に一番気になる点は、私の教育方針と海陽学園の教育方針が違う事です。私はゲームや娯楽、ネットと言った事はある程度の自制心を持っていればやるべきだと考えていますが、海陽学園ではそうでは無いようです。

私は閉じられた純粋で一途な世界よりも開かれた雑多で誘惑の多い世界が好きです。

f:id:tutukun:20190313232418j:plain

 

このブログが皆様のお子様にとって一番良い学校を探す手助けになればと思っています。是非ご参考になさってください。

以上!

 

 

ブログ更新の情報と、ごくまれに思ったことをつぶやくので良かったら、ツイッターフォローしてね~!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain