効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

名古屋教育虐待殺人事件「中学受験で父親が息子を刺すに至るまで」 に対する考え。

こんばんは~!

つつです。

 

 

今日は、ちょっと重い話しになってしまうかもしれません。

 

中学受験で難関校を目指す家庭にとっては無視できない話です。

 

特に「父親」です。

私も含め、被告と同じにならないように気をつける必要があります。

 

 

 

 

名古屋教育虐待殺人事件の概要

2016年8月21日名古屋で12歳の中学受験生・佐竹崚太くんが父親に包丁で胸を刺され死亡した事件で、2019年7月19日名古屋地方裁判所は、父親の佐竹憲吾被告(51)に殺人の罪で懲役13年の実刑判決を言い渡した。

 佐竹被告は自分と同じ私立中高一貫校に合格させるため、日ごろから息子に暴言を浴びせ、暴力も加え、さらには刃物で脅してまで勉強をさせていた。

 

詳細はこちら↓

全て読んでくれた前提で話しをすすめます。

名古屋教育虐待殺人事件「中学受験で父親が息子を刺すに至るまで」 | 文春オンライン

 

中学受験に父親【被告人】が本気で介入しすぎて、子供を殺してしまった事件です。

名古屋の難関私立中高一貫校で、医学部へ灘・開成以上に合格者を出している学校はひとつしかありません。

ぴーたろうの通っている学校ですね。

以降、記事を習ってT中学とします。

 

なのでこの被告人と私は、同じ状況にいると言えるのです。

 

 

 

この被告人(+祖父)の気持ちがわかるか?と言われると・・・

 

正直言って、わからなくはない。

 

このブログを読んでいる父親なら、全否定はできない部分もあると思う。

もちろん結果を見れば全否定したくなるが。

この被告人(+祖父)と同じ考えに引っ張られることも理解できる。

 

 

  

 

 

 

もしかしたらのはなし

事件が発生したのは、2016年8月です。

私がこの効率中受ブログを書き始めたのは2019年2月です。

 

あと数年、どちらかが早かったり遅かったりしたら、

もしかしたら、この被告人は「効率中受ブログ」の読者になっていたかもしれない。

 

 

T中学へ本気で合格させたいと考えてネットを徘徊している人であれば

「効率中受ブログ」は避けて通れません。

熱心な読者になったかどうかはわかりませんが、ちょっとは影響をあたえられたかもしれません。

 

もしかしたら・・・

もしかするかもしれない。

結果は違ったかもしれない。

 

 

人の人生などちょっとしたことで大きく変わる事もあり得る。

 

このブログを読んで子供の進路が変わった。

と言う人もいる。と思う。

通う塾が変わり、合格する学校が変わり、関東や関西の学校へ進学も視野に入れる。

すると子どもの人生は大きく変わる。。

 

 

名進研日能研浜学園かぐらいなら、子供の人生は大きくは変わらないが

進学する学校が変わったら、大分  人生変わるよね。

 

 この親子の場合も

もしかしたら、もしかしたかもしれない。

 

 

 

私がブログを書いている理由は

読んでくれた人に

少しでも情報を得てもらって、

私の考え方などを知ってもらい

 

参考にするかどうかは別として

より良い選択をしてもらう1つの材料になれることを願って記事を書いています。

 

 

もしも

子供に手をあげてしまっていたり、

直接でないにせよ、子供の前でものにあたったり

そんなことをしたことが1度でもある人は、ちょっと立ち止まってほしい。

「効率中受ブログ」を読み込んで欲しい。

 

 

中学受験を損切りする明確な基準も書いてある。

そんなブログはココだけだ。

 

5年生までに上位クラスには入れなかったら、損切り

それ以降は上位クラスから落ちたら、損切り

www.tutukun.com

 

上から目線で書いているように感じるかもしれないが、 そうではない。

 

データを見て客観的に考えればそうなる。

 

普通の子は頑張れば、T中学に入れるが、普通より下の子は普通の頑張りでは無理だ。

 ちょっとした狂気に近いものが必要になってくる。

 

 

 

もし東海中学に落ちた場合の方法も書いてある。

そんなブログはここだけだ。(2回目)

 

www.tutukun.com

 

愛知県には確かにコストに見合った進学実績をあげる私立中学は少ない。

でも全国に目を向ければ、他にも良い学校は一杯ある。

 

公立中学だって悪く無い。

「T中学に受からなかったら、公立!」

この考えでも問題無い。

 

逆に

「T中学に受かっても公立!」

それでも良い。

中学受験にチャレンジする事自体に価値がある。

 

 

 

入塾テストで足きりされる理由も書いてある。

そんなブログはココだけだ。(3回目)

 

塾は、中学受験のプロだ。

もうけるためだけに塾をしているのでは無い。

 

中学受験の厳しさを1番よく知っている。

塾は子供を守る優しさも兼ね備えているのだ。

 

www.tutukun.com

 

父親の出る幕など、あまりない。

 

 

 

 

子供の意思で中学受験をしていると言ってはいけないとも書いてある。

 

そんなブログはここだけ?だ。(4回目)

www.tutukun.com

 

 絶対に勘違いしてはいけない。

 

中学受験は「100%親のエゴ」だ。

子供はそれを忖度しているにすぎない。

 

 

 

つづく!

 

なぜ、この父親(被告人) は子供を追い詰めてしまったのか。

考えてみるよ。

 

 私はこの父親の考えが少しだけ分かる気がする。

 

「中学受験で父親が息子を刺すに至るまで」この父親の思考回路② - 効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain