効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20211220233608p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

カウントダウンタイマー  

 

【六年生後期!!】今さらメモリーチェック!やってみた!②

どうも~

つつです。

 



 

昨日の記事の続き

 

www.tutukun.com

 

 

昨日の記事できゅーたろうは、実力を遺憾なく発揮して我々の笑いをとってくれました。

 

 

前の記事を、まだ読んでいない人は先に確認をお願いします。

 

 

 

記事の訂正

 

昨日の記事では、

 

「興味が無い事でもちゃんと覚えられるかどうかは・・」

親のアプローチ方法でもなく

子供に興味があるかないかでもなく

 

生まれつき覚えられる子は覚えられるし

生まれつき覚えられない子は覚えられません。

 

 

そう書きました。

 

 

もうしわけありませんが、

訂正させて下さい。

 

生まれつき、興味の無いことでも覚える事ができる子もいるが

そんな子は稀なので

普通の子は興味の無いことは覚えていられません。

 

コレが正しい気がしてきました。

(あまり訂正になってない?)

 

 

 

なので・・・

 

「普通の子は興味の無いことは覚えていられない。」

ここから抜け出す為には、

 

1、普通の子をやめて天才になる

2、対象を「興味の無い」ものから、「興味のある」ものに変える

 

この2つがあります。

 

 

「普通の子」は簡単には天才になれないので、

「興味の無いものから、興味のある物に変える」しかありません。

 

 

普通の子には、対象に興味を持てるような「しかけ」が必要です。

 

興味さえ持てば大丈夫です。

普通の子も「興味のあること」なら、素晴らしい記憶力を発揮します。

 

その記憶力は

「稀にいる興味が無いことを覚える天才」を凌駕します。

 

 

 

きゅーたろうは、昨日のメモリーチェック!を私と一緒にやることで

 

興味の無かった「生物の名前」を興味のあるものに変えることができました。

 

 

 

 

 

子供は

「生物の名前」自体に興味が無かったとしても

親には興味があります。

 

 

楽しく一緒にメモリーチェック!をやることで、

彼の中で「メモリーチェック!」に興味が持てたのでしょう。

 

 

翌日(今日)、きゅーたろうが単語帳を持ってきて

 

 

「もうほとんど全部覚えたよ!」

 

確認したら・・・

実際にほとんど覚えてました。

 

 

 

父親と一緒にやる。と言う方法

 

この方法で、興味を持たせられるかどうかは。

 

「親子関係による」

と思います。

 

中学受験をする家庭によくあるような「面倒見の良すぎる父親」では、無理かも知れません。

 

今回上手くいった方法は何度も通用しません。

父親と一緒にやるのは「特別」じゃないとこの効果は薄れます。

 

 

もちろん、何度も通用する親子関係もあると思いますが、

それでも回数を重ねるごとに1回の効果は薄れます。

 

 

あまり多用しない方が良い気がします。

 

結果的には、「生物の名前」は覚える事ができましたが

きゅーたろうが、「生物」に興味を持ったわけではありません。

 

この方法は、父親がいなければ成り立ちません。

 

 

この方法はあくまで

本当に興味のある物を見つける為のきっかけにしかなりません。

 

 

いつかは、自分で興味のある物を見つけてくれると信じます。

 

 

 

 

 

 

でもまぁ。

試験前の直前記憶には、ベストな方法かもしれないけどね(笑

 

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain