効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【失敗したときの考え方 ①失敗とはなにか?】

今週のお題「卒業」

こんばんは!つつです。

 

今日は、私なり失敗をしたときの考え方を書いていこうと思います。

f:id:tutukun:20190324202221p:plain

1、失敗とはなにか?

まず、私が思っている、覚えておいて欲しい事は

新しい事や難しい事にチャレンジすると失敗してしまう事があるという事です。

 もし失敗しない人間がいるとしたら、その人はチャレンジをしない人です。

誰でも出来る事、皆がやっていて手段が確立されている事、誰かの指示でする事しかやらない人です。

 あなたの周りにもいませんか?失敗を恐れすぎて新しい事をしない人、チャレンジしない人。

もし、そんな人が上司だったら最悪です。

チャレンジしないので失敗しないから失脚しません。

それに部下がチャレンジするのを止めます。

そんな人は直ぐにわかります、「俺は責任取れない!しらんぞ!」「あいつが勝手にやった」が口癖です。

でも、そんな人が会社では上の立場なことが多いです。

これは日本の伝統的な年功序列制度のおかげですね(笑

f:id:tutukun:20190324203851p:plain

2、失敗のリスク

チャレンジすると決めたら、失敗するリスクがあります。これは避けて通れません。

後は確立の問題です。

 仮にチャレンジをすると決めても、努力をしなければ成功する確立は低いままです。

 

例えば、中学受験をする!と決めても努力をしなければ

志望校に受かる確立は低いです。まず失敗します。

 

合格する確立:5%   不合格(失敗)の確立:95%

こんな感じでしょうか?(チャレンジしなければ0%なのでそれよりは良いかも)

f:id:tutukun:20190324202945j:plain

志望校に合格するという目標に向かって努力をすればどんどん確立は上がっていきます。

合格する確立:30%   不合格(失敗)の確立:70%

・・・

合格する確立:70%   不合格(失敗)の確立:30%

・・・

合格する確立:95%   不合格(失敗)の確立:5%

 

どんどん確立は上がっていきますが100%にはなりません。

厳しいようですが、だからこそチャレンジする事に価値があるのです。

f:id:tutukun:20190324204222p:plain

3、何にチャレンジするかを決める事が重要

 目標が高ければ高いほど、やみくもに努力をしても確立は上がっていきません。

無駄な努力をしていては疲れるだけだと言う事です。

 どれだけ効率よく資本を使って成功する確率を上げていくか?が重要です。

資本とは、お金だけではなく時間や労力の事ですね。

 

 色々と情報を集めて分析する事が大事です、忙しい受験生には無駄なことをする暇はありません。

そのための情報を効率厨の目線からこのブログで発信していきます。

 私はまだ中学受験に取組んでいる最中です。まだ結果が出ていないので、このブログに出ている情報が本当に良い情報なのかどうかは、あなた自身で決めてもらうしかないのですが。

f:id:tutukun:20190324204257p:plain

4、失敗とはなにか?

失敗とはチャレンジした事の証であり、ただの結果でしかありません。

そんな物は長い人生の中では誤差です。

 なんども成功と失敗の体験を繰返し、人は成長していくと考えています。

f:id:tutukun:20190217215006j:plain

明日も続くから更新されたら見てね!

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain