効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【中学受験直前!親から子供を激励するお手紙】

こんばんは~!!!

つつです。

 

 

今日は【ぴーたろうを激励するお手紙】を書こうと思います。

 

 

なぜ手紙を書くことになったのか?

 

ぴーたろうが通っている塾は日能研です。

日能研では、入試直前のこの時期に

親から子供へ向けて激励する手紙を出す習慣?行事?があるようです。

 

手紙を書く理由 

日能研の案内より引用

12月24日より冬期講習が始まります。そこで「子供会」を実施し、お子様のモチベーションを高めた上で最後の講習に挑んで頂こうと考えています。

そこでは、合格グッズをお渡しし、講師・スタッフから冬期講習に挑む心構えと学習方法についてお話します。

私達も受験生にとって励みになるような言葉をかけていきますが、最も効果的な言葉は、これまで一番近くで頑張っているお子様の姿をご覧になっていた保護者の皆様からの一言に違いありません。

そこで子供会の際に、お子様にご家族からのお手紙をお渡しし、よりモチベーションを高めようと考えました。

 

受験勉強を始めた頃のお子様はどんな様子でしたか?

その頃と比べて、今のお子様はどれだけ成長されましたか?

 

 

お子様達は「自分は本当に合格できるのだろうか」というプレッシャーと戦っていると思います。

「合格するんだ」という強い気持ちを持っていれば、受験生は入試当日を迎えるまで、まだまだ成長していきます。

お子様の最後のひと伸びを後押しするためにご協力をお願いします。

 

本件につきましてはお子様には内密にお願いします。

 

だそうです。

 

 

私個人的には

合格できなくても無駄になると思っていないし。

過剰なプレッシャーはかけてないし。

最後のひと伸びとも、思っていないし。

「中学受験」をゴールだと思っているのは塾だけでしょ。と思います。

 

まだこんな手紙早いんじゃないでしょうかね。

 

親が子に手紙を書くなんて、

親が死ぬときぐらいで良いんじゃね?

それも、子供が小さいうちに死ぬ場合。

 

なんて思いますが如何か。

 

手紙を書くにあたり・・・

私は毎日ブログを書いているので、そこに私の考え方はブログに全て書いています。

 

もちろん、ぴーたろうもブログを書いていることは知っています。

そして、全部では無いですが多少は読んでいると思います。

 

「ブログを見てくれれば良いよ。」

と言う短い手紙にしようかと思いましたが・・・

それもアレなんで・・・ 

 

 

 

 

 

私の中学受験に対する考えはこちらをドウゾ

【なぜ中学受験をしようと思ったか 愛知県】 - 効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

 

【中学受験は投資なのか】 - 効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ


 

正直

彼はこのブログを読んでいるので、今更おべんちゃらな手紙を書いたところでどうにもなりません。

 

2種類書いてみます。

どっちが良いですかね~

 

ぴーたろうへの手紙①【自主性に任せる編】

ぴーたろうへ

 

私達が中学受験をさせようと考え始めた切っ掛けは

私の考え得る、ぴーたろうにとって一番ベストな方法を提供しようとした場合

その選択肢として「中学受験」があっただけの事です。

 

本当は「中学受験」よりも、もっと、ぴーたろうに向いている事があったかもしれない。

もしそれが見つかったのなら、今すぐにでもそれに向かって走り出せば良い。

それを見つける可能性を増やす為に「中学受験」をしたダケのことなのだから。

 

寮に行きたいならそれも良い。

大学は海外を目指したって良い。

最後は宇宙をめざす!ってのも面白いかもしれない。

でもまぁ、ずっと私の側で生きていくのも悪くはない。

 

パパも、ママも、じーちゃんも、ばぁちゃんも応援しているよ。

誰もお前を止める人はいない。

 

ぴーたろうの好きにすれば良いよ。

 

 

ぴーたろうへの手紙②【死ぬ気で強制編】

ぴーたろうへ 

「死ぬ気でやれ!」

 

お前は天才だ。

私が見てきた人の中で、お前より記憶力が良い人は見たことが無い。

ピアノでもそうだ。少ない練習で弾けるようになる。

そして、努力する事も他人を思いやる事も出来る。

 

お前は他人よりも優れている事は間違い無い。

 

でも、もっともっと「上がいる」ことは分かっただろう。

だから「死ぬ気でやれ!」

 

お前と同じ様に、下手をしたらそれ以上の才能をもった人が一杯いる。

将来そんな人達が一杯いる世界へ行く事になる。

 

ソコで食らいつくには、「死ぬ気でやる」しかないのだ。

 

大人になるまではあっという間だ。

あとたったの数年で、お前は大人になる。

 

それまでに積み上げた物がその後を決めるのだ。

だから、「今 死ぬ気でやれ!!!」

 

 

手紙を書いた感想

うーん・・・

こんなので良いのか?

 

どっちの文章がやる気でますかね・・・

どっちも出ない気がします(笑

 

相反しているような①と②の文章ですが、両立しなくも無いですね。

 

なので、両方渡すコレがベストだと思います。

 

 

以上!

 

いやー文章を書くのは難しいですね~

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterでブログ更新情報を発信しています!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain