効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

東進【全国統一中学生テスト】自己採点結果!中学1年2020年6月20日実施分①

こんばんは~!

つつです。

 

ぴーたろうが東進ハイスクール東進衛星予備校で受けてきた結果を発表します!

 

今日は自己採点結果をします。

順位はまだ発表されていないので後日です(笑

 

 

東進の過去記事はこちら!

www.tutukun.com

 

 

全国統一中学生テスト

我が家の近くにも、東進衛星予備校があるのでそこへ行って受けてきました。

やはり家から近いことは大事ですね。

 

特に中高生は時間が無いです。

学校も部活も他にも色々やりたいよね。

 

特に私立中学に通うとどうしても通学に時間がかかってしまうので、効率よく塾へいく必要があります。

 

その点では「東進衛星予備校」は、色々な場所にあるのでとても便利ですね。

f:id:tutukun:20200628091504p:plain

全国統一テストドットコム

 

今回、ぴーたろうが受けて来たのは中学1年生向けテストです。

 

 

テスト様式

国数英の3教科で各200点満点です。

60分のテスト時間があります。

 

小学生のテストとは違い、B5サイズで14ページほどの冊子になっています。

中学受験で慣れている子であれば違和感無いと思いますが、初めての子は戸惑ったかもしれません。

 

そしてマークシート形式で回答します。

この点は、中学受験をしてきたぴーたろうも少し戸惑った様です。

 

   

どんな子が受けてる?

すこし塾で聞いてきました。

 

中学1年生の始めから塾のテストを受けよう!と言う子はそこまで多くはありません。

公立中学に行った普通(?)子でテストを受けている子は稀な様です。

 

なのでテストを受けているのは、ある程度は鼻息荒く勉強をさせようとしている家庭の子です。

中学受験を経験している子がメインです。

※地方都市にある東進衛星予備校で聞いた話です。

 

ぴーたろうと一緒にテストを受けた子で、見たことがある子は全て中学受験を経験している子でした。

 

なので少なくとも中学1年生においては、普通の中学生が母集団では無いです。

 

中学受験をしていない子がいきなり受けて、順位が悪くても落ち込む必要は無いと思います。

 

公立 小・中学校で上位1割の成績だったとしても、平均以下の順位になるとおもいます。

 

実際にぴーたろう【東海中学(日能研偏差値59)に合格した子】がどの程度の順位かを見れば分かるかとおもいます。

 

   

自己採点の前に言い訳

今回は国数英の3教科です。

 

国語と算数は今まで中学受験で散々やってきました。

数学はチョット算数とは違いますが

ある程度は自信があります。

 

 

でも、英語はコレが初めてのテストです。

はっきり言って、中学生になるまでホトンド英語に触れていませんでした。

ちょっとした英会話の教室に通っていた子以下の知識しかありませんでした。

 

ようやく塾で英語をやり始めたのと、スタディーサプリをメインに勉強をしていましたが、全く自信はありません。(笑

コロナウイルスで授業や塾が遅れてしまった事も影響しています。

 

英語能力においては、普通の公立中学生と同等程度だった子がどの程度頑張れたか?を見てくださいね(笑

 

 

国語の自己採点

一番自信がありそうな感じでした。

 

残念ながら問題文等は紹介できません。

内容は中学受験をしている子なら楽勝だと申しております。

 

192点/200点中

 

さすが!

と言えばそうなのですが・・・

間違えた問題を見る限り満点も取れたと思います。

 

国語は中学に入ってからも

漢文や古文で無ければ基本的には変わりません。

 

中学受験で積み上げてきた事が十分に発揮出来たと言う事でしょうか。

これなら問題無さそうです。

 

   

数学の自己採点

数学は少し算数とは違います。

マイナスの数や記号を使った2次方程式等が入ってきます。

 

でも基本となる部分は算数なのである程度は応用できます。

 

 

150点/200点中でした。

 

うーん、比較対象が無いので良いのやら悪いのやら分かりません。

 

若干ですが初めてのマークシートに手間取ったカモしれません。

 

マークシートの問題にたまに出てくるのが、

答えが10以上になるのは簡単に分かるけど、正確に答えを出すのは時間がかかる。

 

でも選択肢を確認すると10以上の答えが1つしか無い。

だから、答えはすぐに分かる。

 

なんて場合があります。

これを良しとするかどうかですね。

 

点数を取る為の方法論としては有効だと思うし、実際の社会生活においては重要なスキルだとも思います。

 

でも「数学の知識を確認する」と言う、テストの趣旨からは外れている気がします。

こんな問題に時間を取られて答えられた問題が取れなくなってしまう場合もあります。

 

個人的には、ぱっと見では分からない選択肢をいくつか入れておく方が良いのではないかな?と思います。

 

 

問題の英語は・・・

105点/200点中

でした。

 

半分ぐらいは取れたかな。

 

初めての英語テストなのでそんなもんかな。

やはり英語のテコ入れは必要ですね。

 

小学生時代は中学受験に特化してきたので、次は大学受験に特化して学習して行こうと思いますよ。

 

 

次回の記事では・・・

東進衛星予備校へ行って詳しい結果と順位等を聞いてくる予定です。

 

また記事にするので見に来てね~!

 

www.tutukun.com

 

Twitterでブログ更新情報を発信しています!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

   

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain