効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【東海中学入試前日!心境をダラダラ綴るブログ記事①】2020年1月31日ぴーたろう

こんばんは~

つつです。

 

 

ついに東海中学入試の前日になりました。

長かった「ぴーたろう」の中学受験も明日の東海中学と滝中学で終わりです。

(たぶん・・・)

 

大きな節目

この結果次第で、その後の6年間が大きく変わります。

いや…その後の人生が大きく変わります。

 

そんな大きな節目に、今立っているのです。

 

人生には何度か大きな節目が来ます。 

この中学受験は、人生にとっても1~2を争う節目となる事でしょう。

 

 

きゅーたろう(弟)のテスト結果が出ているので、そちらを記事にしようと思いましたが、

今は余分な情報を書く気になりません。

試験が終わったらゆっくり書こうと思います。

まだ、きゅーたろうは3年あります。

 

なので今日はダラダラ思ったことを書きます。

 


 

 

 

中学受験の結果速報

関西では、先々週、先週に決まっています。

 

塾の合格発表速報は発表され始めています。

それを見ていると、数字だけではない重みが伝わってきます。

ひとつひとつに大変なドラマがあるのです。

 

 

f:id:tutukun:20200130215613p:plain

合格速報 | 進学塾の浜学園

 

浜学園は灘中100人、西大和学園に246人合格か~

やりますな。

 

ぴーたろうには、全くとどきませんでした。

 

今ならわかります。

これは浜学園の生徒が特別に優秀な訳ではなく、ほかの塾生と能力(才能?)は同じです。

 

一番の違いは。塾のカリキュラムが灘中等の関西の私立中学に照準を絞って特化しているからです。

3年生のうちから、それに向けて全力で走ってきた結果です。

 

 

日能研東海のMクラス(ぴーたろうが通っている塾)は、

明日の東海中学合格に照準を絞って特化しています。

 

なので6年生の中盤でいきなり方向転換して関西にチャレンジしても難しいです。 

その絞ってきた照準の差が、合否を分けたと言っても良いかと思います。

単純に偏差値では測れない事です。

 

 

最初の照準が大事と言う事ですね。

愛知県にお住いの、3~4年生をお持ちで私立中学受験を検討されている方は、

東海中学以外の学校の事も知りましょう。

 

是非とも、このブログを隅々まで読んで情報収集をしましょう(笑

 

かく言う私も、ブログを始めてから知るようになりました。

 

関東のことはほとんどブログで取り上げていないので。

来年以降は、関東の学校も調べて書いていこうと思ってます。

 

 

日能研は・・・

関東にも関西にも強い塾です。

 

灘にも開成にも両方のノウハウがあります。

悪く言えば、照準がブレやすいと言えるかもしれません。

 

 灘等の関西最難関私立中学に特化の浜学園(+馬渕、希)

処理スピード・論理力を重視する。

 

開成等の関東最難関私立中学に特化のSAPIX

じっくり深く思考力を重視する。

 

 それらと比べると日能研はどっちつかずと言えばそうなのかもしれません。

 

でも、私は日能研

関東と関西、その両方のノウハウがある事を気に入りました。

 

なぜならそれは、

目指すところは、中学受験で合格する事ではなく、その後の成長だから。

 

その成長には

処理スピード、論理もじっくり深く考える思考力も両方大事だからです。

 

両方を効率よく育てる為にはどっちつかずの塾が一番良い!と考えたのです。

 

中学受験の塾選びは重要です。

是非とも、一番我が子に合う場所を探してください。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

受験生の親の想い

中学受験では、たった一日で子供たちが評価されて合否が振り分けられます。

その日の調子で、実力のある子が落ちます。

運が悪い子が落ちてしまう可能性があります。

 

 

本当は、子供たちのがんばっている姿をもっと見てもらいたい。

 5回だって10回だって受かるまでチャレンジさせて欲しい。

 

他のどの子よりも、がんばっている。

 だから、我が子を選んで欲しい・・・

 

そんな風に思いますよね。

 

 

父親の私だってそう思うのですから、母親はもっともっとその願いは強いです。

 

子供と2人3脚で・・・

いや

下手をすれば、子供を背負った様な状態で走り続けた母親も多いと思います。

 

2人2脚とでも言うのでしょうか(笑

 

 

でも、もう信じるしかないですね。

最後のテストまで一緒に受ける訳にはいきません。

後は、今までの積み重ねを信じるだけです。

 

そして、

結果はどうあれ、この経験は無駄にはなりません。

 

確実に、子供の力はついています。

 

処理スピード・論理力も、じっくり深く考える思考力も他の子には負けません。

それが獲得できただけでも、中学受験は素晴らしいと思います。

 

だって人間だもの。

つつお

 

 

 

 

 

 

 

f:id:tutukun:20190523230141j:plain

 

まぁ、なんとかなるでしょう!(笑

 

 

Twitterでブログ更新情報を発信しています!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

www.tutukun.com

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain