効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【他人を許せなくなってしまった人へのメッセージ】

こんばんは~

 

らくらく教のつつです。

みなさんが「らく」になるための考え方を紹介しています。

f:id:tutukun:20190215195308j:plain

 

 

 昨今発生する無差別殺傷事件について

無関係な子供や女性を傷つける事件が多発している。

2019年5月28日

川崎市登戸で起きた児童ら19人が殺傷された事件。容疑者が自ら首を切り死亡した。

 

 昔から、殺人事件はあったのかもしれない。

でも最近の犯人は独りよがりで稚拙な動機での犯行が多い気がする。

 

 

今回、伝えたい事は

周りの人が許せなくなってしまった。

自分では解決できない深みにはまり込んでしまった。

どう考えたらいいのか分からない。

教えて欲しい、助けて欲しいと感じている人への

私なりのメッセージを書こうと思います。

 

 

 恨みのパワーとは何か

あなたは、人を許せなくなってしまった程、怒り、悔しさ、恐怖の感情によって、強い恨みの気持ちを抱いた事はありますか?

ここでは、そんな気持ちの事を恨みと表現する事にします。

 

程よい恨みは活動の原動力になります。

恨みのパワーってヤツです。

 例えば・・・

・いじめられていたから、見返してやろうと体を鍛える。

・馬鹿にされたから、勉強をして良い点数を取る。

・彼氏彼女にふられたから、おしゃれに気を使って異性からもてるようになる。

・嫌いな子と同じ学校に行きたくないから中学受験をする。

すべての恨みが悪い結果につながるわけではありません。

自らを鍛え、成長し、前に進む為の力の源になる場合もあります。

 

時には、自分で立てた目標に向かって取組む自己実現の力よりも、より強い力で人が動く原動力になります。

 

もしも、上手く扱える人が居るとしたら

その人はスーパーマンになれるのかもしれません。

 スーパーサイヤ人みたいなものです(笑

 

人を許すとはどんな事でしょうか。

 人は成長する。

段階を踏んでいけば、最初は乗り越えられなかった事にもいつかは乗り越える事が出来る日が来ます。

いつかひとりでも生きていけるようになります。

 

そして、自分だけではなく他人をも支える事が出来る様になるのです。

 

そこまで成長する事が出来て初めて、

「人を許すことが出来る」のです。

 

「あの時、彼がこうしたのは、私が成長する為に神が与えた試練だったのかもしれないな。」

「あの出来事があったから今の私がいる。」

そう考える事が出来ればそれは、人を許せたと言って良いのではないでしょうか。

 

人だけが許す事が出来る。

許すという事は生物の中で唯一人間だけが持っている力なのかもしれません。

ただし、全てを許す事はとても難しいです。

そんなことは普通の人には出来ません。

もし出来たとしたら、神か仏かなにかです。

 それか宗教の教祖か・・・

 

もしも、恨みのパワーが発散されなかったらどうなるのか

逆に言えば

その恨みに対する原動力をもってしても人が成長できなかった場合は、

その恨みは許されることが無く、熟成され煮詰まっていく事になってしまいます。

 

それはもう、昔読んだ絵本に出てくる魔女が作るでっかい壷にはいったドロドロの料理のように・・・

 

正しい段階を踏んで目標を達成して、許していくことが出来なければ恨みのパワーは間違った方向に行ってしまう危険があるのです。

 

 

 一人では乗り越えられない壁

時には、ひとりの力では乗り越える事が出来ない事柄に遭遇してしまう事があります。

 

例えば、

・両親の死別・離婚

・集団でのいじめ

・暴力

・DV

     など・・・

 

乗り越えられるか乗り越えられないかは

その人の性格や能力、積み上げてきた経験によって変わってきてしまいます。

 

同じ壁でも一概には乗り越えられるかを判断する事はできません。

 

その人にあった、階段を上らなければいけないのです。

それを他人が判断する事は難しいのです。

 

他人から見たら、

「なんだそんなことか」と思うような事で恨みの力を溜めてしまう人がいます。

あなた自身ではなくても、あなたの周りにそういった人が結構な割合でいると理解しておいてください。

 

 

 

恨みの力の矛先をどこに向けるのか。

 

恨みの力は自己実現の力よりも強いです。

下手をすれば10倍。100倍のパワーを持っています。

 

自己実現のちからは・・・

他人を傷つける事はありません。

自分が一番になる為に、努力をして成長をする事はあっても、

他人を傷つけてまで、自分が一番になろうとは考えません。

 

恨みのパワーは・・・

他人を傷つけてしまう事があります。

それは怒りと、予想と違う恐怖と、自らのふがいなさがそうさせてしまいます。

 

その恨みのパワーは、基本的に自分よりも弱者に向かってしまうのです。

立場的に、体力的に、性別的に、年齢的に弱い人間に。

 

最終的には全てを捨てて、ドロドロに煮詰めた恨みを間違った方向へぶちまけてしまう可能性があるのです。

 

 

その危険性がある事を理解しておいてください。

少なくとも、あなた自身がそうならないようにしてください。

人は想像よりも弱いです、自分自身においても同じです。

客観的に物事を見ることは難しくなり、周りの全ての人が敵に見えてきます。

そして何も許すことが出来ない人間になってしまうのです。

 

自己実現の100倍のパワーで向かった、恨みの行動は他人を殺めてしまうことさえあるのです。

 

それだけは絶対に避けなければいけません。

あなた自身ではなくても、あなたの周りに居る人がそうならないように手を差し伸べなければなりません。

 

 

一人ではどうにもならない事もあります。

周りのフォローが必要です。

ちょっとした気づきが、声かけが誰かを救う事もあるのです。

 

 

明日の記事で私なりに考えた、人を許す方法を書いていこうと思います。

 

 

気になった方はぜひみてね~!

 

www.tutukun.com

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ更新と時事ネタ等を発信しています!ぜひフォローをお願いします!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain