効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【教育費用】お金持ちと貧乏人に分かれていく世界【中学受験】

こんばんは~!

つつです。

 

我が家は、子ども達に中学受験をさせています。

 

中学受験をさせるには、お金が必要です。

しかし、お金は無尽蔵にあるわけではありません。

 

本当に中学受験にお金を使って良いのか不安になりませんか?

ちょっと考えてみたいと思います。

 

この選択によって、

将来お金持ちになれるのか

それとも

貧乏人になってしまうのか。

 

大きな分かれ道だと思います。

 

 

どこにお金を使うのか?

どれだけお金を使うことができるのか(できないのか) 

どこにお金を使うことが効率的で、

どこにお金を使うことがムダなのか

 

考えて行動しなければなりません。

 

でないと、どれだけ良い職業に就いて稼ぐ事ができたとしても貧乏人になってしまうかもしれません。

 

 

中学受験は金持ちの道楽と思っている人も多いかと思いますが・・・ 

実は、少ないお金をやり繰りして子供を私立中学に通わせている人は結構います

 

親の見栄みたいなもの?と思われてしまうかもしれませんが

将来を考えて少ない資金を教育投資する!と考えて行動している人もいます。

 

 

中学受験にお金を使うことが効率的なのか?

 

中学受験で難関校に合格させるためには、「塾」が必須です。

下手をすれば「塾」だけではなく、

他の教材であったり、家庭教師だったりも必要です。

 

中学受験をするからには、絶対に志望校に合格させたい!と考えるあまり余分な費用を払っている人もいると思います。

 

そして、当然ですが合格後も私立中学に払うお金が必要です。

 

ザックリ・・・

塾代で1人300万円

中学費用で1人150万円

最低でもトータルで450万円必要です。

私立中学は学校によってはその他の費用+αもかかります。

 

 

さらには高校、大学もお金がかかります。

ただしこの点は、中学受験をしなくても必要な費用なのでみんな一緒です。

 

 

 

450万+αの価値が私立中学にあるのか?

正直に言って・・・

価値のない学校が多い・・・ もあると思います。

 

「自分にあっていそう!」というダケで学校を選び、

価値のない学校に450万円も払うのはムダかもしれません。

 

また息子にあっている学校が、万人にあうか?と聞かれると、それもNOだと思います。

子供自身にも私立中学向けの素養が無いと「中学受験はムダ」になってしまう思います。

 

私立中学に行けばお金持ちになれると保証されるわけではありません。

が・・・

公立中学へ行くよりは、お金持ちになれる可能性が上がると思います。

 

 

 

将来、子供がお金持ちになる方法

ひとつめは、中学受験などをして

「子供に最高の教育環境を与える」

そして、他人よりお金を稼いでもらう事です。

 

これは普通の親であれば考えつくことです。

医者や起業家なんかになって、成功してくれれば、これ以上の達成感は無いでしょう。

 

 

もう一つは・・・

「子供の教育に資金を使わない」

です。

 

その資金を別で運用してお金を作るという事です。

 

 

 

 

 

子供の教育に資金を使わないとはどういう事か?

中学校も、高校も公立の学校へ通わせて下さい。

当然、塾も行かせずに基本は家庭学習のみです。

 

学校生活での目標は2つです。

健康」と「コミュニケーション力」です。

学校では部活動などに注力すると良いと思います。

 

公立高校も「工業高校」がお勧めです。

 

そして、大学はいく必要が無いので高校卒業後に就職です

健康でコミュニケーション力のある工業高校卒なら引く手あまたです。

 

 

絶対に注意しなければならないのは・・・

親は私立中学へ行かせて大学も通わせたと思って、その資金を貯めないとダメです。

 

 

コレだけで、中学受験組とは2000万近くの差ができます。

さらに大学4年間分の時間も手に入れることができるのです。 

 

 

次に

高校卒業後は最低4年間は「こどおじ生活」をお勧めします。

ニートではなく、こどおじです。

実家に住んでそこから働きに出ている人のことです。

 

 

手取り年収は200~250万程度だと思いますが

それでも実家にいれば年間150万程度は貯金ができます。

これで、大学進学組とは600万円の差ができます。

 

 

浮いた資金を運用する。

2600万を子供が22才になるまでの期間運用していれば・・・

4000万程度は作れると思います。

 

f:id:tutukun:20210817003010p:plain



残りの人生はこの4000万を運用していけば、お金持ちの人生を歩めます。

運用スキルが身についてしまえばFIREも夢ではありません。

 

※高卒就職の道を進んだとしても、金融リテラシーの知識は必要です。 

ちょっとお金があるからと言って、

身分不相応に一軒家等を買ってしまうと貧乏人生活へ一直線です。

 

 

 お勧めした2つの方法

教育にたくさん費用をかけた方が良いのか

それとも

全くかけない方が良いのか。

 

両極端ですが・・・

どちらが安全で確実かと言われれば

後者ではないかと私は思います。

 

どちらの道も家族一丸となって目的を見据えて進まないと成功しないとおもいますけどね。

 

 お金持ちと貧乏人を分けるのは案外こんなものかもしれません。

 

 

中途半端に

公立中学校→私立高校→浪人→中途半端な私立大学へ奨学金を使っていく

 

なんてよくある進路が

貧乏人になる方法ですよ。

 

 

・・・

 

 

ギクリ

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain