効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【子供にゲームさせる事のメリット①】

こんばんは!

つつです。

 

私はゲームが好きです、40歳近くなった今でも、たまにゲームを買ってきてやっています。最近ではモンハンワールドとかドラクエ11ですね。

私が子供のころは一日に何時間もゲームをしていました。

f:id:tutukun:20190307224121p:plain

なので、長時間ゲームをする事の悪さは体験してきています。

ゲームは想像以上に疲れます、勉強なんかやってる余裕はありませんね。

 

 ほかっておいたら、子供はずっとそれに囚われてしまいます。

「子供はゲームに飽きたら勉強するだろう」なんて事はありません。

そうならないように管理しなければいけません。

 

ただ、それはゲームに限った事ではなく、テレビであったりネットであったり

SNSであったりユーチューブ等の娯楽でも一緒です。

一定のルールを決めて報酬として娯楽をする事は、昨日のブログでも書いたように重要な事なのです。

 

「他の子が持っているから」とか「持ってないと、いじめられる」とか、そう言う理由で与える事はありません。

残念ながら、いじめられる人はゲームを持っていようが持っていなかろうが、いじめられます。

f:id:tutukun:20190307225419p:plain

ースはオレ

 

なぜ、ゲームを薦めるかと言うと、

それは、他の娯楽よりも自分が入力した事が結果として反映されるからです。

テレビやユーチューブ、漫画や小説よりも自由度が高いからです。

出来ればマリオ等の単純なアクションゲームよりも、ロールプレイングやシミュレーション、装備をそろえていく必要があるゲームの方が良いです。

 

我が家の子供たちは決められた時間(1日20分)しか出来ないので、その時間内で何をやるかを事前に計画します。

どうすれば効率よくゲームを進められるかを自然考える事が出来ます。

たった、1日20分のゲームで驚くほど上達して先へ進んでいきます。

さすが私の息子たち、完全に「効率厨」です(笑

f:id:tutukun:20190307230021j:plain

ハンドルコントローラーを手に入れてご満悦のぴーたろう

<<明日の記事に続く>>

www.tutukun.com

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain