効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

塾での成績が上がらなくて困っている人へ

こんばんは~

つつんぬです。

 

今日は、塾に通ってもなかなか成績が上がらずに困っている人に向けて書こうと思っています。

 

あなたは悩んでいませんか?

高いお金を払って進学塾に通わせているけど、成績が上がらない。

 

このブログは中学受験の情報を取り扱っているので、まずは中学受験向けの塾へ通う人に向けて書きます。

 

なぜ、成績があがらないのか?

狙っている学校があって、それに向かって努力をしている。

それでもなかなか目標の偏差値をとる事が出来ない。

 

4年生の頃よりも5年生。

5年生の頃よりも6年生。

勉強時間も延ばし、

子供が怠けないように見張り、

時には叱り、激励し、飴とムチを使い分けて

あの手この手を使って、考え得る限りの努力をした。

色々な情報を仕入れ、試してみて我が子に一番合う方法はないか?

血眼になって探した。

 

最後は、神様や仏様の所までいって成績が上がるように願った。

 

それでも成績が上がらない。

 

我が子には才能が無いのだろうか・・・

それとも通っている塾が悪いのだろうか・・・

悪い友達に引っ張られているのではないだろうか・・・

 

このままでは、希望の学校へ受かることは難しい・・・

頭を抱え、眠れない夜を過ごしていませんか?

 

こんなに努力をしているのに

なぜ、成績が上がらないのか?

 

 

 

 

それは・・・

 

中学受験をする子を持つ親が全員同じ悩みを抱えているからです。

 

あなただけが悩んでいる訳では無いからです。

あなたが100%我が子に愛情と労力と時間と全てを注いでいる様に

ライバルの子の親も、子供に全てを注いでいます。

 

その結果、どれだけ努力をしても成績が上がらないのです。

 

成績とは相対的な物です。

同じスピードで走っている車同士が互いに止まっている様に見えるのと同じように、

回りの子と同じ努力しかしていないから成績が上がらないのです。

 

そんな状況の中で、成績を上げることは至難の業です。

 

 

他の子の親も死ぬ気でやっているんだと。 

 そのことを理解しておいた方が良いです。

 

子供の能力は、絶対的

塾での成績は相対的な物ですが、子供の能力は絶対的な物です。

あなたが愛情を注いだ分、確実に子供は成長しています。

 

日能研で下位クラスの生徒でも、公立小学校に行けばクラスでほぼトップの成績です。

 

嬉しくもなんともないかもしれませんが、中学受験をしない子に比べれば間違いなく成績は上がっているハズです。

 

小学校のテストなんか100点で当たり前!とは思っても口にだしてはいけません。

 

いや・・・

口に出しても良いですが、頑張ったことを褒めてあげましょう。

 

いや・・・

褒めるのでは無くて、親が喜んでいることを伝えましょう。 

 

それが一番大事だと私は考えています。

 

 

 

子供が

絶対的に成長していることを感じれる様に心がけてください。

相対的な塾での成績ばかりに囚われてはいけません。

 

受験に失敗しても無駄になるわけでは無い

将来的に役に立つ能力を積み上げること、そしてそれを活かして社会に貢献し、認められて報酬を得る。

その結果、幸せな人生を送ることが目的のハズです。

 

中学受験の成功はその目的達成の為の方法のひとつにすぎません。

目的を達成する方法は、中学受験の成功以外にも沢山あります。

 

もしも中学受験に失敗しても、積み上げてきたことは絶対的なものなので、無駄になることはありません。

 

高校受験、大学受験で成功して目的を達成したって良いのです。

それ以外にだって、幸せになる方法はいくらでもあるのです。

 

 

それでも塾での成績を上げたい人へ

上で書いたことを理解して、把握した上で

それでも、塾での成績をあげたい人に対するアドバイスです。

 

成績が上がらないのは、

塾の先生のせいでも、子供自身のせいでも、悪い友達のせいでもありません。

 

単純に親であるあなたの努力が、上位の子の親の努力よりも足りないからです。

 

高校・大学受験は別ですが、中学受験においては親、特に母親が9割です。

 

中学受験に対してどんな考えを持っていますか?

 

 

小学4年生から6年生までの3年間と言う長い間、

休むこと無く走り続けるマラソンランナーです。

長い間を確実に走り抜く、気力と体力が重要です。

コツコツと少しずつ真面目に取り組む事で

必ずや成功をつかむことが出来るでしょう。

 

 

 

 

・・・・

 

 

 

・・・・

 

 

 

 

正直こんな考えでは、最難関校は無理です。

 

ラソンランナー気分ではダメです。

50mの全力ダッシュを何度も何度も繰り返す。

たった3年間しかありません。

後先のことなど考えずに、毎日全力ダッシュです。

 

中学受験は長距離走では無く、短距離走です。

 

息を止めて、体力の続く限り全力です。

毎日コツコツ確実に・・・

じゃなくて、毎日全力猛ダッシュです。

 

 

そのぐらいの気合いをいれて走らないと、塾での成績を上げることは出来ません。

 

まぁ、それでもなかなか成績は上がらないのですがね・・・

 

頑張ろう!

f:id:tutukun:20190217215006j:plain

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain