効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

日能研東海ZクラスG講座生について。クラス説明会でのお話2020年

こんばんは~!

つつです。

 

今日は日能研東海Zクラスの説明会で聞いてきた話をしたいと思います。

現在、きゅーたろうが通っているクラスです。

 

www.tutukun.com

このチャレンジテストで、ギリギリ何とか合格判定をもらいました。

 

どうせなら一番上のクラスがどんなものか?

ちょっと体験してみたくなったので入ってみました。

 

かる~い気持ちでZクラスへ行きます。

恐れるほどの物では無い!?かもね。

 

 

f:id:tutukun:20191209205719j:plain

日能研東海のZクラスとは・・・

日能研東海の中で最上位クラスになります。

【東海】の話なので、関東や関西のクラス分けとは違うのでご注意下さい。

 

日能研東海のクラス分けは・・・

下位クラスがA1クラス(偏差値44以下)

中位クラスがA2クラス(偏差値54以下)

上位クラスがMクラス(偏差値55以上)

 

基本的にはこの3つがあります。

偏差値は大体のイメージです。正確には少し違うかもしれません。

 

 

最上位クラス(G講座生+Zクラス)

宣伝されていないので、知っている人はあまりいないですが

 

Mクラスの上にG講座生があります。

これは、普段は最寄りの各教室でMクラスとして授業を受けて、

週に一度程度名古屋校や千種校に集まって全国難関校向けのG講座を受けます。

 

ぴーたろうは、6年生はこのG講座を受けていました。

目指すところは、全国の難関校ですね。

偏差値は60以上です。(学年によって違うかも)

 

ちなみに2019年の実績では、

男子約20名、女子10名のクラスで

東海・南山女子に全員合格しています。

 

全国最難関、難関校にも合格者がいます。

灘・洛南・西大和・東大寺駒場東邦・女子学院

 

さらに上にZクラスがあります。

ZクラスはG講座よりもさらに上です。

Zクラスは千種校にしか無いので、そこまで通わなければいけません。

最寄りの教室に通う事も無いです。

人数は30人程度です。

 

日能研東海でトップの子が集まります。

偏差値は63を超えてきます。

全国的に見ても最上位クラスです。

 

Zクラスが目指すは全国最難関校です。

 

2019年の実績は(男23人女7人)

開成4人・麻布4人・灘7人

 桜蔭1人・海陽特別給費5人

など・・・

 

割合ダケで言えばSAPIXより良いです。

※母数が違いすぎますが(笑

 

他塾で言えば・・・

浜学園で言えばVクラス

馬渕教室で言えば、NKTクラス

これらと同レベルと思います。

www.tutukun.com

知ってる人がいれば進学実績の情報を教えてくれるとありがたいです。(コメント非公開でもOK)

 

灘にも開成にも両方合格しちゃおう!という贅沢なクラスです。

 

 

 

 

Zクラスの説明

必ず、関東・関西の難関校を受ける子が対象です。

具体的には灘や開成を目指すクラスです。

 

同じ集団、メンバー、同じ先生で3年間学んでいく。

本科の授業でも、他の子とグループワークを取り入れ思考させる。

お互いに問題を出し合う。

他の子の解答をディスカッションする。

コミュニケーションを取り入れながらすすめていく。

 

通常授業では10やる事をやらないで、ひとつのことを色々な解き方で解く。

めんどくさい事をやるクラスになる。

色々な仕掛けをもってやる。

 

効率的に点を取るなら、Mクラスの方が良いです。

東海中学合格を目指すにはオーバースペックです。

www.tutukun.com

 

偏差値63無いと授業についてこれないとの事です。

(うーん、大丈夫かな・・・きゅーたろう)

 

この出来る子ダケを集める事に大きな意味があります。

お互いにコミュニケーションを取りながら高め合うには

良いクラスメートが必要です。

 

やり方を教わるのではなくて、自分たちで導き出していく。

そういったちからを付けることによって、

深く考えて論理的な思考力、コミュニケーションスキルを身につける。

 

やらされてやるのではなくて、自ら考えて実行する。

こういったちからが求められます。

 既にそのちからが身についている事が前提となったクラスと言えるのかもしれません。

 

 

まとめ

私はこの説明を聞いて、ぜひきゅーたろうをZに入れたいと思いました。

 

彼の性格はZクラスに向いていると思います。

彼のやる気を引き出すには、負けず嫌いの性格を使う必要があります。

 

同年齢で、他のできる子に囲まれれば負けじと頑張ると思います。

なかなかハードルが高いので、6年生の最後までZクラスでついていけるかは、わかりません。

 

まぁ、ついていけたら、ラッキーってことで!

気楽に考えてますよ!

 

 

Twitterでブログ更新情報を発信しています!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain