効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

不動産は立地にこだわる。

こんばんは~!

つつです。

 

今日も懲りずに不動産ネタです。

 

不動産は立地にこだわる。

今後の日本は人口が減っていき、住宅の需要は下がっていく。

「だから、持ち家を持つことは損だ。」

 

こんな話があります。

 

住宅全体の流れとしてはその通りだと思います。

郊外に大きい戸建てを持つ意味はどんどん減っていくと考えられます。

 

逆に、便利な都心部のマンションの需要は減らない のではないか?

と私は思います。

 

 

ちょっとシミュレーションしてみたいと思います。

 

 

パターン①

30歳の時に4500万で郊外の建売を買った。

50歳の時に、子供が独立して夫婦2人になった。

 

広いだけで不便な郊外から便利な都心部のマンションを買おうと思ったが・・・

郊外の戸建てが1500万でしか売れなかった。

まだローンも2000万残っているので、ローンだけが500万円残る。

 

買おうと思った都心部の築30年のマンションは2000万以上する。

 

結果は50歳で築30年のマンションと2500万のローンが残った。

 

定年までの15年で2500万円を返済できるだろうか・・・

退職金をあわせればなんとかなるかもしれない。

 

 

 

パターン②

30歳の時に、都心部の築10年のマンションを3000万で買った。

50歳の時に、子供が巣立っていった。

今まで少し狭かったが、それも良い思い出だ。

 

50歳でローンも払い終わり今後は管理費と修繕費だけだ。

 

結果は、築30年のマンションでローンは残っていない。

 

築30年のマンションがいくらで売れるか調べたら2000万円で売れるらしい。

20年住んで、1000万しか値下がっていない。 

賃貸に住むよりも安上がりだった。

 

築20年の郊外戸建てが1500万で買えるらしいが・・・

そんなものを買う気は無い。 

 

 80歳までこのマンションに住んで1000万で売りに出して老人ホームへ移る予定だ。

 

 

 どちらがいい?

 誰がどう考えても、後者の方が良い。

 

最初は多少狭いかもしれないが、子ども達は直ぐに巣立ってしまう。 

子供も郊外の一戸建てなど必要ない。

 

十分ありえる話だと思う。

 

 

 

都会の一戸建て

また、都会に一戸建てを買うこともオススメしない。

先祖伝来の土地があり、唸るほどのお金があれば別だが都会の一戸建ては高すぎる。

 

名古屋でも下手をすると1億円近くする。

 

そして直ぐにボロくなって立て直さなければならなくなる。

 

3000万で中古のマンションを買って、残った7000万でS&P500でも買った方が良い。

 

 

 

今後のライフスタイル

今の時代に、2世帯同居はあり得ない。

 

もし親の近くに住みたかったら、2世帯住宅よりも同一マンションや近くのマンションを選択した方が良い。

 

金銭面の同居のメリットを享受しつつもプライベートは守られる。

 

今後は、一戸建ての需要は減り、マンションの需要は増えていくと予想する。

 

どんな家に住むかで、将来設計は大きく変わってきます。

悔いのない不動産選びをお願いします!

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain