効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

私立高等学校授業料の実質無償化! 実は貧乏人も私立中高一貫校を狙えるゾ!①

こんばんは~!

つつです。

 

私立中高一貫校は金持ちだけの道楽!って思っていませんか?

 

実は案外そうでもないかもしれません。

能力さえあれば、お金があまりなくても良い学校へ行けるチャンスはあります。

 

中学受験の一番の悩みである、「コスト」をなるべくかけない方法を紹介します。

私立高等学校授業料の実質無料化は・・・

貧乏な人が、中高一貫校へ行けるチャンス!かもしれません。

そんな「夢のような?」話です。

 

 

凄く長くなりそうなので、何回かに分けて書いていきます。

 

 

 

 

 

「私立高等学校授業料の実質無償化」

について調べてみたので紹介したいと思います。

 

コイツを上手く使えば、オトクに私立高校へ行けてしまいます。

特に私のようなお金のない人は、絶対に知っておくべき情報です。

 

もちろん中高一貫校を考えていない人で、私立高校へ行くことを考えている人にも参考になるかと思います。

 

 

 

 

「私立高等学校授業料の実質無償化」とは?

読んで字の通り、私立高校の授業料が実質無償化されます。

 

なんと!?

と言うか当然なのかもしれませんが、私立中高一貫校の「高校生」も授業料が無償化されます。

ただし保護者の年収に制限があるので注意が必要です。

 

 

詳しくは文部科学省のHPを見ると良いです。

 

www.mext.go.jp

 

クリックするのがメンドクサイ人用に貼っちゃいます。

f:id:tutukun:20200602200623p:plain

f:id:tutukun:20200602200634p:plain

 

 

 

ザックリ説明すると・・・

 

両親・高校生・中学生の4人家族で、両親の片方が働いている場合は、

 

年収約590万円未満の家庭は、年間39万6000円もらえます。

※正確には学校に直接振り込まれる。

 

同じ条件で

年収590~910万未満の家庭は11万8800円もらえます。

 

 

 

私立中高一貫校を狙う家庭で、年収590万以下の人が何人いるかは知りませんが・・・

祖父母がお金を持ってて、専業主婦ならありえなくはないですよね。

 

実はコレ凄くオトクです。

 

ちなみに東海高校の授業料は

年間で43万2000円です。

このうちの39万6000円が補助されるので・・・

 

なので、差し引き年間で36,000円です。

ほぼ実質無償化ですね。

 

もちろん制服代や修学旅行代や教材費はかかります、でもそれは公立中学校でも一緒ですよね。

 

 

シミュレートしてみます。

そもそも年収590万以下の人は、子供に中学受験をさせよう!と考えもしないかもしれません。

 

それは実に勿体ない事です。 

 

冷静に考えてみて下さい。

私立中学は金持ちの道楽だ!と思うのに、私立高校はそうは思わないですよね?

 

両親の年収があまりないのに奨学金で私立大学へ通う人も結構いますよね?

それについても金持ちの道楽だ!とは思わないですよね?

 

おかしくないですか?

 

私立中学よりも、私立大学の方がたくさんのお金がかかるのに・・・

イメージだけ先行して思考停止してませんか?

 

 

奨学金で私立大学へ行かせるぐらいなら、

私立中高一貫校へ行かせて国公立大学へ行かせた方が100倍良いです。

 

 

   

3つのパターンで考えます。

高校は授業料無償化を使って無償で考えます。

 

①公立中学→私立高校→私立大学

公立「中学」の学費は・・・3年間で約100万円です。

私立「高校」の授業料は・・・実質無償化

私立「大学」(理系)の授業料は・・・530万

 

トータルで630万円です。

 

 

②私立中高一貫校国公立大学

私立「中学」の学費は・・・3年間で約300万円です。

私立「高校」の授業料は・・・実質無償化

国公立「大学」の授業料は・・・250万

 

 

トータルで550万円です。

 

 

③公立中学→公立高校→私立大学

公立「中学」の学費は・・・3年間で約100万円です。

公立「高校」の授業料は・・・実質無償化

私立「大学」(理系)の授業料は・・・530万

 

トータルで650万円です。

 

 

 

結論

なんと!?

この3パターンなら私立中高一貫校に行って国公立大学へ行くのが一番安いです。

そして説明するまでも無いですが、

一般的には私立大学よりも国公立大学の方が良い仕事に就ける可能性も高いです。 

 

 

 

もちろん一番安いのは中・高・大を全て国公立が安いですけどね。

 

私立高等学校授業料の実質無償化のお陰で公立高校との差が無くなりました。

 

これが出来る前は、公立高校の授業料は年間11万円8800円でそれがMAXでした。

これが一気に3倍以上の39万6000円まで補助されます。

 

これはかなり大きいです。

  高校3年間で120万円近くが補助されるのです。

 

貧乏な人ほどこの恩恵を受ける事をオススメします。

 

子供を私立「大学」へ行かせるぐらいなら、私立中高一貫校へ行かせてください。

 

 

明日の記事は

 

そうは言っても塾とかの費用もあるし・・・

って人に向けてもう少し書きます。

 

おたのしみに~

 

私立高等学校授業料の実質無償化! 貧乏人こそ私立中高一貫校だ!② 

 

 

Twitterでブログ更新情報を発信しています!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain