効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【子供の睡眠時間はどれぐらい必要か】

こばんはー

つつでーす。

この記事を書いている時間は夜の11時です。

朝も7時に起きているので眠くなってきましたzzz

 

私が子供の頃は、夜は遅くまで起きている子でした。

普通に夜中の1時頃まで起きていて親に隠れてゲームとかをしていた記憶があります。

小学校で同じ学年で初めて居眠りをした生徒で、「いつも眠そうだね!」と言われていました。

 

f:id:tutukun:20190215195308j:plain←この顔も眠そうですがこんな感じです(笑

 

 

 

こども達の睡眠時間

我が家では、こども達は21時半頃寝かせています。

低学年のうちは21時です。

朝は6時か7時まで自然に起きるまで寝かせています。

 

毎日9~10時間は寝かせています。

彼らが眠そうにしている姿は、ほとんど記憶がありません。

この点は6年生になって、受験勉強が本格化してきても変わっていません。

 

私が子供の頃は5~6時間しか寝ていなかったので1.5倍ほどの差があります。

正直、こども達ほど勉強が得意ではありませんでした。(得意ではないと思い込んでいた)

 

私とこども達との差

もし、私と子供たちの遺伝子の性能がホトンド同じだと仮定するならば

「子供は21時頃には寝かせた子の方が、夜遅くまで起きている子よりも記憶力が良く勉強が出来るように育つ可能性が高い」と言う事です。

他の要因も大きいとは思いますが、ひとつの重要なファクターになっていると思います。

f:id:tutukun:20190228204944p:plain

夜中まで無理して勉強させるよりも、もう寝かせてしまった方が良いのかもしれませんね。

 

 

寝る子は育つ!のです。

 

 

 

 

ひとつの参考までに~

 

 

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain