効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【なぜ中学受験をしようと思ったか 愛知県】

ちわっす!

つつんぬであります。

 

今日は、ぴーたろうがなぜ中学受験をしようと思ったかを書こうと思います。

正直、ぴーたろうが3年生の時には、まだあまり「中学受験をするんだ」と言う意思は固まっていませんでした。

 

中学受験を決意する動機

ぴーたろうは、小さいときからある程度勉強やピアノ等をさせてきていて(※主にあーるで子が)、真ん中よりは上ぐらいの評価がありました。

 

そして、

私が小さかった頃と比べても漢字とかピアノを覚えるのがとても早い子でした。

親の欲目と思われるかもしれませんが(笑

ちなみに運動はダメですね。

あー・・・ダメと言うか他の子に比べて特に優れてはいないです。

 

私は、効率厨なので、

勉強が不得意な子に勉強を強要しようとは考えません。

運動が苦手な子に運動を強要もしません。

 

わが子であっても、出来る限り客観的に見るように心がけています。

f:id:tutukun:20190224233140p:plain

 

 

やっぱり将来を考えたら得意な事を伸ばすのが良い。

やらせたらどこまで出来るようになるかな?と考えました。

 

そうです、

受検の動機は、

わが子が勉強が得意だったから。

得意なことを一番伸ばすことが出来る環境にしてあげたかったから。

 

東海中学を目指す動機

正直、「東海中学を目指す」としていますが、本当は東海中学にはこだわっていません。

たまたま愛知県で一番上の中学校が東海中学だったと言うだけです。

得意な事を伸ばしていった結果「中学受験があって東海中学をとりあえずの目標」にしていただけで、今は「東海中学に何番で入る事が出来るか?」が目標になっています。

 

塾では「東海中学に入る事にこだわらないと入れないよ。」と言われます。

ごめんなさい全くこだわっていません。

それを言われるといつも困った顔になってしまいます。

 

その子の出来る範囲で一番上を目指す。

もしも灘や開成への合格が目指せるならソレを目指します。

 

前も書いたように、「中学受験をする事」そのもの自体にコストに見合った価値があります。

まぁ、そんな適当な考えでも6年生になった現在、一応合格圏内にはいるのであまり気負わずにチャレンジするのが良いのかなと思います。

結構、日能研に通っている子で中学受験をしない子もいます。

 

参考になるかはわかりませんが、これが中学受験をさせようと思った動機です。

 

私からのお勧め

もしあなたの子供に中学受験をさせるか迷っている人に対する、私なりのアドバイスです。

その子に、勉強をする適正があるかを見てください。

その適正があるかどうかは、DNAで決まっています。

 

最近の研究では、そのDNAは誰しもが持っていて

そのDNAのスイッチがONになっているかOFFになっているかダケの差しかありません。

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain