効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【子供たちの記憶力】

ばんわ~

つつです。

 

うちの子供たちは記憶力が良いです。

何か無駄な?物を丸暗記しています。

 

円周率ありますよね、そう3.14・・・です。

どこまでおぼえてますか?

f:id:tutukun:20190227212322p:plain

私は3.14159265358979 までは覚えています。

まぁ、ちょっと覚えている方かな?ぐらいです。特に円周率にこだわりなんか無いですし、使い道もありません。

子供たちも円周率にこだわって覚えようとはしていません。2~30分ぐらい唱えたぐらいです。しかも1年ぐらい前に、その後もちょこちょこ話題にでたら口にするぐらいです。

 

二人(Q3年生 P6年生)に円周率どこまで言えるか聞いてみました。

Q「3. 1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 693993」

 

P「3. 1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 58209」

うーん・・・そんなどうでも良い物をよく覚えているな(笑

よく聞く物語のようにして覚えている訳では無く、普通に丸暗記しているみたいです。

f:id:tutukun:20190216181838j:plain


ぴーたろうは漢字も2~3回書けば覚えます。しかもそれをホトンド忘れません。

ピアノもホトンド練習してないのに弾けるようになります。

 

 どっかの講習で聞いた忘却曲線など全く当てはまりません。

20分後には、節約率が58%であった。

*11時間後には、節約率が44%であった。

約9時間後には、節約率は35%であった。

1日後には、節約率が34%であった。

2日後には、節約率が27%であった。

6日後には、節約率が25%であった。

1ヶ月後には、節約率が21%であった。

節約率とは一度記憶した内容を再び完全に記憶し直すまでに必要な時間(または回数)をどれくらい節約できたかを表す割合である。式で表すと
(節約率)=(節約された時間または回数)÷(最初に要した時間または回数)
 例えば、最初にritを覚えるまでに10分を要し、20分後に覚え直すと約4分を要したとする。この場合、覚え直すのに最初と比べ、6分節約したことになる。すると節約率は 6(節約された時間)÷10(最初に要した時間)=0.6= 60% となる。

 ウィキペディア調べ らしいです・・・(3/4追記 

 

 

いやいや彼らは、一日たっても8~9割覚えています。

なんかもう、新人類を見てるような感じになりますね、正直ズルいです。

我々一般人の努力はなんだったんだ?と・・・

 

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain