効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

カウントダウンタイマー  

 

日能研【東海】G講座保護者会の様子  G講座とは?

こんばんは~!

つつです。

 

なんと!

私が日能研の保護者会へ行ってきました。

 

先生の話をちょっと付け足して説明します。

私の解釈なので、日能研東海の意見とは違うかもしれません。

 

 

 

 

 

日能研東海G講座とは

愛知県で中学受験をしようと考えた場合

目指す場所は「東海中学」と「南山女子」です。

 

 

両校とも日能研偏差値で59~60程度必要です。

そこが愛知県での最難関校です。

 

それ以上の難易度の学校はありません。

※海陽特費以外

 

 

偏差値59

中学受験を知らない人からは、東海中学は凄い!と思われるかもしれません。

 

が・・・

 

入学するだけならなんとかなります。

 

www.tutukun.com

 

 

冷静に考えればわかると思いますが、

偏差値59なんだから

f:id:tutukun:20200531100709p:plain

 

上位18%程度の場所にいれば合格できます。

このレベルが足きりレベルではなく、80%合格するのが上位18%です。

 

灘・開成・桜蔭などの全国最上位校と比べれば、合格難易度は下がります。

東大寺・西大和・栄光・麻布などと比べても、かなり差があります。

 

 

 

それで良いのか?

愛知県に住んでいて、上を目指して東海中学を目指した場合、目指す場所が偏差値59になります。

 

個人差があるので、

偏差値59が十分高い目標になる子もいれば、そうではない子もいます。

 

 

塾も商売ですので、一番ニーズの高い教育をします。

一番ニーズの高い教育=東海・南女に合格する可能性を高める教育です。

 

これが日能研東海の上位クラス(Mクラス)が目指している場所です。

多くの保護者が一番求めている教育です。

 

 

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

愛知県に住んでいる子でも、灘・開成・桜蔭レベルの子もいます。

東海中学よりも、もっと上を目指すべき人もいます。

 

 

そんな人達にお勧めなのが・・・ZクラスとG講座です。

日能研東海には、東海中学よりももっと上をめざす人、めざしたい人、できちゃう人向けのクラスがあります。

 

最上位はZクラスです。

これは、もう特別クラスです。

ガチで灘・開成・桜蔭に合格を取りに行きます。

きゅーたろうも1年半お世話になりました。(今はG講座に落ちた)

 

Zクラスは判定基準も厳しく、通常のクラスも千種校で受けなければなりません。

Zクラスへ行くには色々なハードルがあります。

 

 

Zクラスほどでは無くても、東海中学よりも上のレベルを目指したい子もいます。

その子達にオススメなのがG講座です。

 

平日は最寄りの校舎でMクラスで授業を受けます。

休日に千種でG講座があります。

 

 

G講座での保護者会

東海中学を目指す教育と、それよりも上を目指す教育は違います。

 

国難関校では

ただ記憶すれば良いという知識を問われる問題は出されません。

 

知識を持っていることは前提として、それをどう活用できるのか?

知らないことの答えをどう導き出すのか?

 

そういった力が求められます。

 

クラスメートの意見を聞いて、自分が出した答えとどう違うのか。

それでも自分の答えが正しいと考えるのか。

それとも、自分の答えを変えるのか。

 

なぜその答えで良いのか?

根拠、理屈、理論

 

そういった力が求められます。

難関校で求められる力です。

その先にある大学受験で、社会人になってから求められる力です。

 

 

 

保護者会で話を聞いて、先生の話が高圧的だと感じたのであればそれはあなたの考えが間違っています。

 

東海中学合格を目指すのであれば、そんな力は必要ありません。

G講座は東海中学に合格するためには遠回りです。

 

 

 

忘れてはいけない事

なんだ・・・

私は東海中学合格を目指しているんだから、そんな無駄な事する必要ないよね。

 

そう思うかもしれません。

 

それも間違いではありません。

そんなに親がテコ入れをしなくても、

できる子が集まる学校に入れば、後は自然と周りに影響を受けて必要な力が育っていく。

そう考えることもできます。

元々持っている能力が高ければ、それで十分でしょう。

 

 

しかしG講座に入ってもっと上を目指したいと思うのであれば、教育方法はガラリと変わります。

今までの日能研のクラスとは違った指導がされます。

 

 

また、忘れてはいけないこととして

東海中学には地域にそれ以上の学校がないので、灘・開成レベルの子も入学してきます。

今の東海中学が出している実績は「ギリギリ東海中学に合格した子」の実績ではなく

「難関校に合格出来る実力を持った子」の実績です。

 

 

G講座はオススメ?

覚えている読者がどれだけいるか分かりませんが・・・

兄のぴーたろうは、6年生からG講座に入っていました。

 

やはり入れて良かったと思っています。

入れなければ西大和学園を受験することもなかったでしょう。

結果は残念でしたが、それでも良い経験になったと考えています。

 

www.tutukun.com

 

Zクラスは、特別クラスです。

ちょっと変わってないとついていけないかもしれません。

 

 

G講座に入って、全国最難関校の実力を知ることもひとつの良い経験なのではないでしょうか?

 

ちなみに・・・

G講座生の東海中学合格率はほぼ100%です。

 

 

保護者会について

沢山の保護者が集まっていました。

4年、5年の2学年分ですが4つぐらいの教室をぶち抜きで満員御礼でした。

 

なんか生徒数増えてる?

そんな気がします。

 

 

コレもひとえに・・・・

 

 

「効率中受で宣伝したお陰!」

 

 

 

 

あ~浜学園名進研も宣伝したくなってきたなぁ

シャチョサン宣伝費くれればもっと良い記事書くよ!(笑

 

f:id:tutukun:20210408220334j:plain

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain