効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験の情報と考え方の発信と子供達の日能研テスト結果

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20200222205733p:plain f:id:tutukun:20200725192806p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【東海中学】志望校に合格するには、どの教室に入ればいいのか①【愛知県の塾選び】

こんばんは~!

つつです。

 

ブログにコメントが来たので記事にしてみようと思います。

 

 

 

中学受験で塾を選ぶ時の基準

中学受験に塾は必須です。

 

塾へ行かずに合格できる方法もありますが、

コストをケチった分、労力は増えます。

才能も必要になってきます。

 

おとなしく、中学受験向けの塾へ行きましょう。

 

日能研早稲田アカデミー浜学園名進研SAPIX、馬渕教室

ホームページでみて、中学受験のみを扱っている塾がオススメです。

 

小さい個別塾や高校受験の片手間にやっている教室はお勧めできません。

理由は省略します。

 

 

塾を選ぶ基準(どこを目指すか)

各塾には特色があります。

得意不得意もあります。

どこの塾を選ぶのが良いかは、どこを目指すかによります。

 

浜学園や馬渕教室などの関西の塾は灘中学に照準をあわせています。

算数特化型なので、灘中学を目指さないのであればオーバースペックです。

 

SAPIXは関東の塾です。目指す場所は「開成」「麻布」「桜蔭」です。

クラスを段階別に分けることによって生徒同士を競い合わせています。

その競走が合うかどうかは子どもの気質にもよると思います。

 

 

愛知県の話

愛知県で中学受験をする場合は、基本的には「東海中学」か「南山女子」を目指す事になります。

 

南山女子は募集人数も少なく内部進学生もいるので狭き門です。

日能研偏差値「60」という数字以上にハードルが高いです。

 

東海中学は、募集人数が多いので普通の子でも頑張れば受かります。

詳細はこちら

www.tutukun.com

 

 

志望校合格に特化した塾

東海中学の入試は、灘中学や開成中学とは違います。

 

中学受験では算数の点数配分が多い学校が多いですが、

東海中学の一番の特色は点数配分が、国算理社4科とも同じです。

 

これが良いか悪いかはわかりませんが、違うと言うことです。

 

効率よく志望校に合格したいと思うのであれば、志望校に沿った塾を選ぶ事が大事です。

 

もちろん余裕があるのであれば、灘レベルの算数ができるようになっている事に越したことはありません。

 

オーバースペックの算数が無駄だとは思いませんが、それなら他のことに時間を使っても良いかと思います。

例えば、サッカーをやるとか。ピアノをやるとか。

他の勉強以外の事も大事です。

 

 

良い塾の探し方 

まずは志望校を決めましょう。

これが最初です。ここが決まっていないと塾は探せません。

 

小学3年生ぐらいまでに決めましょう。

(灘・開成レベルは小2年生頃には決めたい。)

 高い目標で雲をつかむような感じで実感が無くても問題はありません。

 

まずは目標設定が第一です。

 

 次に

家から通える距離にある塾を探します。

私が候補に上げたような塾が何個か見つかると思います。

 

そして、その全ての校舎を回ってください。

 

 

合格実績をもらおう!

塾へ行くと、校舎別の合格実績がもらえます。

一例はこちら!

 

f:id:tutukun:20200220234311j:plain

f:id:tutukun:20200220234143j:plain

f:id:tutukun:20200216195009p:plain

 

 

できれば、複数年遡ってもらえるとベストですが、多分くれないと思います。

このブログを漁れば出てくるかも?(笑

 

志望校に何人合格しているか

複数年にわたって、4~5人合格者がいれば問題無いと思います。

 

合格できるようなメソッドである事は分かります。

後は本人の努力次第です。

 

 合格者をたくさん出している塾の方が安心かと言われるとそうでもないかもしれません。

結局はやった分しか賢くなりません。

上手にモチベーションアップしてくれる塾を見つけるしかないです。

 

注意事項

名駅校や千種校のように大きな校舎は、最上位クラスがあり近隣の校舎から優秀な生徒を集めている場合があります。

そうなると合格実績は跳ね上がります。

最上位クラスがあるかどうかは、塾で聞きましょう。

 

ちょっと足を伸ばして、小さな校舎を見に行った方が実際に通うクラスの実態を把握しやすいかもしれません。

 

生徒数も聞きましょう。

どんなクラスがあるのかと、1クラス何人いるのかを聞けばトータルの数字が分かります。

 

↓最上位クラスがある校舎の実績

f:id:tutukun:20210328225942j:plain

 

 

私の実体験

全ての校舎を回るのは面倒くさく感じるかもしれませんが、やった方が良いです。

 

兄のぴーたろうの時に、一旦 A塾に入塾後に他塾へ転塾しています。

理由は、その教室から志望校の合格者がその年1人もいなかったからです。

 

一旦塾へ入ってしまうと愛着がついてきてしまいます。

子供は環境を変えることに抵抗します。

 

「まぁいいか。子供も今のところで頑張ると言っているし・・・」

そう思うようになります。

 

 

人間は現状維持をしたくなります。

 そういうものです。

この現状維持の呪縛から逃れるにはパワーがいります。

良いと分かっていても動けないのです。

 

だから一番最初が一番肝心なのです。

私と同じ過ち(と言ってしまうとなんですが)を、繰り返さないようにしましょう。

 

折角このブログを読んでくれたのだから何かしらの参考になると良いです。 

 

 子供の中学受験は一生に一度しかありません。過去の判断に縛られる必要はないのです。

 

東海中学合格に特化した塾

 

そいつは次の記事で!(笑

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain