効率厨(オレ)の考えた最強の中学受験ブログ

中学受験は最強の投資先である!と言う理論の実践と途中経過

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain

【浜学園 小3・4保護者対象 ③東海・南山中女子部入試説明会2019年4月7日】

おはこんばんちはならー

浜学園で聞いてきた説明会の最終まとめは、つつが書きます。

 

 過去2回の記事で、浜学園の副学園長のお話を紹介させて頂きました。

まだ読んで無い人がいたら読んでみてください!

 

中学受験の塾を探している人や浜学園のことをもっと知りたい人の参考になるかと思います。

【浜学園 小3・4保護者対象 ①東海・南山中女子部入試説明会2019年4月7日】

【浜学園 小3・4保護者対象 ②東海・南山中女子部入試説明会2019年4月7日】

 

 

浜学園の名古屋での展開

 浜学園は、メインが関西の塾です。

今までの愛知県、名古屋ではあまりなじみが無いかもしれませんが、

関西では今一番勢いがある塾と言って良いでしょう。

 

全国最難関校である灘中高一貫校への合格実績がトップです。

2019年春の実績では灘中定員180人中、102名が浜学園の生徒です。

灘中学合格者の半数以上が浜学園の生徒となります。

 

 近年では浜学園中部地方でも実績を築いてきており、

東海中学校への合格実績もどんどん伸ばしてきています。

 

東海中学は東海地方では最難関(日能研偏差値R4=59)の学校ですが、

他にライバルになる学校が少ない事と間口が広い為、

関東関西の最難関校に比べて色々な偏差値の子が入ってきます。

なので日能研偏差値で70以上の子もいれば59ぐらいの子もいます。

 

東海中学合格!を目指すと

最低ライン(日能研偏差値59)を超えることを目標にした教育になります。

 

 名古屋の教育ママは、そんなレベルの教育では満足しません。

もっともっと上を目指したい人が多いです。

関東や関西よりも東海地方は景気が良いのか、

子供の教育にかける費用も惜しみなくつぎ込む人が一杯います。

 

東海中学でどこを目指すか

東海高校は医学部への進学者数が全国1番の学校です、毎年100人近くが医学部へ進学します。

 

 ですが生徒数も400人と多いので、東海中学の中でも上位25%にいないと医学部にはいけません。

日能研偏差値で65ぐらい取っておく必要があります。(2019年現在の東海中学の募集人数は360人です)

 

 東海中学合格を目指す指導(偏差値59)では

目標である医学部合格(偏差値65)を達成出来ないのです。

 

塾に求められる事

もっと上の学校にも合格出来るノウハウを持った塾に需要が集まるのは自然なことではないでしょうか。

 

その中でも浜学園は関西の最難関である灘中学で一番の実績があるので名古屋でも人気が高まってきていることも納得できるかと思います。

 

もちろん、日能研東海にも全国最難関コースがあります。

日能研は全国区の塾なので、ノウハウの面では十分にあります。

 

 

f:id:tutukun:20190228213317j:plain

浜学園のデメリット

浜学園のメリットや教育方針は前の記事で書いてきたので、

今回はデメリットも挙げておきます。

 

デメリットは大きく3つです。

まずは教室が少ないです。

愛知県に6校しかありません。

日能研13校は名進研35校あります。(2019年4月現在つつしらべ)

自宅のそばにあれば良いですが、やはり遠いのは大変です。

 

小学3年生から通うなら4年間も通うので、毎回送り迎えをするにしても電車等で1人でいかせるにしても近い方が良いです。

通塾時間が短くなった時間を勉強時間に充てれるならそれだけでメリットがあります。

 

 塾にいかせるために小学校を早引けする様な荒技を駆使する必要が出てきます。

そこまですると別のデメリット(いじめ等)に発展する可能性があるのでおすすめしません。

 

これが結構痛くて、我が家の近くには浜学園が無いので残念ですが塾選択の候補から外れてしまいました。

 今後、塾の数が増えていくことを期待しています。 

 

次に費用が高い。

3年生から6年生まで通うと300万程かかります。、日能研が250万程度なので50万ほど高いです。

4年間で50万円なので誤差と言えば誤差です、これをどう捉えるかは各ご家庭の財布事情によって変わってくるかと思います。

もちろん、夏期講習や特別テスト、特別授業を取る、取らないでも変わって来ます。

 

 東海中学合格だけを目標に、

本気でコストを可能な限り削ろうと思ったら、Z会やチャレンジ(考える力中学受験講座)の様な通信教育だけでも、合格することは可能かと思います。

コストを抑えた分の努力と才能は必要になりますが。

 

実体験として、子供達もチャレンジの(考える力プラス講座)を1年生から3年生まで取ってやらせていました。

この通信教育の資料は大変良くできており、かなりの学力向上に効果があります。

これだけで東海中学に合格したと言っても驚きません。

進学塾に入る前の準備にもおすすめです。

興味のある方はこちらからどうぞ

sho.benesse.co.jp

 

 基本的には生徒数が少ない塾の方が割高になってしまうのは仕方がないと言えば仕方がない事です。

 

また、授業時間が長かったりするので、一概には割高とは言えません。

 

浜学園の特徴としては、

3,4年生の時間が長いのでその期間の費用が高くなっていると考えられます。

 

最後に、入塾テストがあります。

この点はデメリットと言って良いのか分かりませんが、

入りたいからと言ってもある程度の学力がないと入れません。

日能研名進研は全員はいれますが、

浜学園は1~2年生から準備をしていないダメです。

 

実は、ぴーたろうもきゅーたろうも浜学園への入学資格を得ています。

浜学園での公開模試が年に何度かあるので、腕試しにそれを受けに行っているからです。

 

浜学園の入塾資格にどの程度の学力が必要か?

①小学校のテストでほぼ全部100点が取れれば問題なし。

②それと一日1時間で良いので毎日勉強をする習慣をつける。

③最後に一番大事なことは他の子を邪魔しないで授業を受けることができる様にしつけをしておく。

 この入試テストはデメリットと言うか、メリットの方が大きいかもしれません。

 

 日能研名進研には入塾テストが無い(入れなかった人を見たことが無い)ですが、

日能研でも、この程度の事前準備はしてこないと話になりません。

 

他の進学塾も同じ

塾に入れたからと言って、子供が勝手に勉強するようになって成績が上がっていくわけではありません。

塾は勉強の習慣がある子が、ノウハウを学びに行くところです。

塾は託児施設では無いのです。

 

この点はサピックスでも同じ事が言えると思います。

サピックスの方が入塾テストは難しい様です、サピックス中部地方にも進出してきたら面白くなるかと思います。

 

まとめ

 お子様が目指すところがどこか?によっておすすめする塾は変わってきます。

 

全国最難関校へも合格できるような実力を身につけたい!そのためのコストや労力は惜しまない!

と考える人は浜学園がおすすめです。

 

全国の難関校へも対応できる幅広い知識を身につけたい。関西だけでなく関東へも目を向けたい!

と考える人は日能研がおすすめです。

 

家から近いところで通いたい!通塾時間は無駄だ!

と考える人は名進研がおすすめです。

 

・可能な限り低コストで受かりたい!

と考える人はZ会とチャレンジ「考える力中学校受験講座」ですね。

 

お子様の塾選びの一助となれば幸いです。

 

長々と3つの記事を全て読んでくれた方はありがとうございました。

まだ前の2つを読んでない方は是非読んでみてください。

【浜学園 小3・4保護者対象 ①東海・南山中女子部入試説明会2019年4月7日】

【浜学園 小3・4保護者対象 ②東海・南山中女子部入試説明会2019年4月7日】

 

www.hamagakuen.co.jp

良かったら、ツイッターフォローしてね~!

f:id:tutukun:20190305215109j:plainこの画像をクリックするとフォロー出来ます。

 

このBボタンを押すと、はてなブックマークでこの記事が新規・人気記事にのります!

このエントリーをはてなブックマークに追加←このボタンを押して保存するだけ!是非お願いします!!

 

 

f:id:tutukun:20190323200216p:plain f:id:tutukun:20190323200219p:plain f:id:tutukun:20190629225531p:plain f:id:tutukun:20190527001631p:plain f:id:tutukun:20190527001635p:plain f:id:tutukun:20190323200212p:plain f:id:tutukun:20190323223812p:plain